管理人のプロフィールはこちら

必見! 海外旅行の裏ワザ 持ち物、Wi-Fiのアクセスなど

トラベル

こんにちはJaychannelです。

僕は仕事柄、年中海外を飛び回っています。

多い時は月に20回飛行機に乗ったこともあります。

30歳で、訪問した国は34か国なので、世界を旅している方に比べると訪問国数は少ないかもしれません。

ただ、同じ国の違う都市を訪問することも多く、旅をしている回数では同じ30歳の方よりもはるかに多いと思っています。

 

そんな僕が海外旅行・出張に行く中で失敗や試行錯誤を重ね、考え抜いた旅の基礎知識と裏ワザを公開します!

・初めて海外旅行に行くけど何を持っていったらいいかわからない

・海外旅行に行くけど現地の言語が話せないので不安

・海外は治安が悪いから怖い

・海外のwifi環境がわからないので不安

この記事を読むことでそんな悩みを一気に解決します。

スポンサーリンク

旅の準備編 持ち物をリストアップする

旅行に行く際は何を持っていったらいいか、旅行の前日までバタバタして結局モノを忘れてしまった経験はありませんか?

そんな方におススメするのは、旅行の携行品をリスト化することです。

僕の旅先リストを1部抜粋しました。

携行品や衣類などをリスト化することにより以下のメリットがあります。

  1. 忘れ物がなくなる
  2. 準備の際に考える時間を省くことができる(時間短縮)

また、行く地域の気候や(東南アジア、ヨーロッパ、アメリカなど)旅行 or 出張の場合でいくつかに分けてリストを作ることをおススメします。

4月の東南アジア旅行に行く際にヒートテックは持っていきませんが、12月ヨーロッパのクリスマスマーケットに行く際はヒートテックは必須ですよね?

極論パスポート、携帯電話、航空チケットさえあれば何とかなりますが。。。

忘れ物をしない、準備に時間をかけないためにもアイテムのリスト化をしましょう。

衣類は極力少なめに

シャツはこの枚数で足りるか不安だから、もう1枚持っていこうかな・・

靴下が破れたら不安だから、もう1枚持っていこうかな・・・

そんな不安が募って、僕もかつては衣類の荷物が多くなっていました。

旅に出る際は、できる限り身軽にしていきましょう。

理由は、いるかいらないかで迷っている持ち物は、結局ほとんどの場合使わないので荷物が増えてしまいます。

靴下やインナーシャツはいざとなれば現地で買えますし、汗をかかなければ2回着たってかまいません。

汗をかいた場合は、ホテルに備え付けられた石鹸やボディーソープを使って洗濯をしましょう。

 

できるだけ衣類の荷物を減らして、家族や友達のお土産を入れるスペースにしたり、移動する際に重くて邪魔にならないよう心がけましょう。

超簡単! Google 翻訳の使い方

海外で言語が通じない際は、必ずこのGoogle 翻訳を活用してください、世界が変わります。

僕は仕事柄、ヨーロッパの僻地へ行くことがあります。

先日行ったウクライナのトゥルスカベッツという街では、レストランのメニューはもちろんウクライナ語のみ、定員さんもウクライナ語しか喋れませんでした。

そんな際に全てを解決してくれるのがGoogle翻訳です。

以下簡単に使い方を説明します

1. Google 翻訳をダウンロード

Apple store か Google playからGoogle 翻訳をダウンロード

下記の様なアイコンです。

2. 使いたい言語を選択

下記の赤丸部分を押すと、様々な言語が選択できます。

真ん中の⇔ボタンで言語の入れ替え

3. カメラをかざして翻訳

下記赤字のカメラボタンをクリック

原文は真ん中の画像の英語ですが・・・

スキャンすると、右側の画像の通り日本語に翻訳されます。

翻訳する文章が短い場合はこの方法をおススメします。

4. 本文をスキャンして読み取る方法

次は本文をスキャンして翻訳する取る方法です。

同じ文章ですが、左の画像にある赤丸のScanをクリックします。

そうすると、スキャンした画像の言語を読み取り2枚目の画像にある赤丸のSelect allをクリック

そうすると、上側に原文の英語(画像3枚目)が、スクロールするとした側に日本語が表示されます。(画像4枚目)

その他の便利な機能

下記赤丸で囲った部分では、音声会話、オフライン翻訳機能のダウンロード(ダウンロードはWi-fi環境推奨)も可能です。

海外でWi-fi環境でなくても翻訳機能を使えるので、どこへ行っても安心ですね!

無料ソフトとは思えない性能、流石Googleです。

超便利! Google オフラインマップの使い方

次に紹介するのはGoogleオフラインマップの活用方法です。

オフラインマップとは、その名の通りオフラインでもGoogle mapを使用することができる機能です。

 

簡単に使用方法を説明します。

1.Googleマップを開く

2.検索部分の左側にある三本線をクリック

3.別タブが表示されるので、下記矢印のオフラインマップをクリック

 

4.カスタムマップをクリック

5.スクロールして選びたい地域を指定、その後ダウンロードをクリック

これでどこに行ってもオフラインでGoogle mapを使用することができます!

オンラインで使用する場合とは違い、車での道案内機能のみが利用可能です。

 

ただし、GPS機能が使えるので、行きたい場所を入力 =>車での案内になるが徒歩で利用

オフラインで行きたい場所を探すにはこの方法がベストです。

是非皆さんも活用してみてください。

旅行先でインターネットを利用しよう

旅先でインターネットがなければ不安になりますよね。

レストランの情報を調べたり、Google Mapを使ったり、Instagramで投稿をしたり何かと必要なのがインターネットです。

海外で安心かつ快適にインターネットに接続するには2つの方法があります。

1. ポケットWi-Fiを活用する

メリット

・複数人で旅行に行くときにグループでインターネットが利用できる

・使えるデータ容量が大きい

デメリット

・持ち運びが不便

・インターネット接続が悪い時がある

下記の2つがおススメです。

2. 海外SIMカードを利用する

メリット

・ポケットWi-Fiより安い場合が多い

・インターネット接続が安定している

・持ち運ぶ必要が無いので便利

デメリット

・英語での課金や登録が必要

・プリペイドにすると容量が無くなったらインターネットが使えない

僕が日本に一時帰国する際に使っているのは、MTX CONNECTのSIMカードです。

アマゾンでもMTXのSIMカードは購入できるので、個人で海外に行かれる方、ポケットWi-Fiの持ち運びが面倒な方は海外SIMカードでインターネット環境を整えましょう。

海外SIM MTX CONNECTのページへ移動

旅先での防犯対策

僕は途上国からスリや盗難が多い地域、様々な場所に行きました。

しかし、未だに一度もスリや詐欺にあったことはありません。

そんな僕が心がけている海外での防犯対策をこの記事の最後に紹介します。

1. 手ぶらで歩く

極力物を持たず、カードケースなどを利用しましょう。

2. 高そうな服は着ない

お金を持っていそうな印象を与えないようにしましょう、必ず標的になります。

3. 人を信じすぎない

世の中いい人が大変ですが、海外の旅先では友人の友人であっても隙を見せてはいけません。

4. びくびくしない

海外にいると不安になる気持ちもわかりますが、いつも通り日本で過ごしている感覚で街を歩きましょう。

そうすると現地人の雰囲気に溶け込めるので、狙われる確率が減ります。

5. 常に周りを警戒する

友達との会話に夢中になりすぎず、後ろにも目をつけて行動しましょう。

まとめ

まとめ

✔ 持ち物リストを作りましょう

✔ 衣類を極力減らして快適に旅をしましょう

✔ Google 翻訳・Google マップを活用しましょう

✔ ポケットWi-Fi・海外SIMを使って海外でもインターネットに接続しましょう

✔ スリや詐欺に合わない態度を心がけましょう

いかがでしたか?

旅に慣れている人、初めて海外に出る人の手助けになると嬉しいです。

ご質問はお問い合わせフォーム or ツイッターのDMにて何なりとご連絡ください。

 

2019も終わりに近いですが、残りも楽しみましょう!

ではよい一日を!

トラベル
スポンサーリンク
Jay Channelをフォローする
Jaychannel

コメント

タイトルとURLをコピーしました